女性特有の更年期障害は治療で完治|辛い症状を全て無くす

リンパ球の癌について

医者

症状の紹介

白血球内の「リンパ球」が癌化する、血液の癌を「悪性リンパ腫」と言います。リンパ球にはNK細胞やB細胞、T細胞といった種類があります。悪性リンパ腫は、これらの細胞が様々な原因によって癌化し、際限なく増殖を繰り返す状態です。悪性リンパ腫の代表的な症状が、脇や首、足の付け根など、リンパ節が多く存在する部位に現れる「しこり」です。これらの部位に現れるしこりは、一般的には触るなどしても痛みを感じることはありません。癌が進行すると、しこりは全身に拡がるとともに、発熱や寝汗、体重の著しい減少などの症状が現れ始めます。また麻痺や血流障害といった、重篤な症状が現れるケースも少なくありません。原因不明のしこりに気付いたら、悪性リンパ腫をまずは疑い、早期に内科で検査を行うようにして下さい。

リンパ球の癌の治療法

悪性リンパ腫の発症の原因は、現在明らかにはされていません。細胞内の「染色体」の異常が、リンパ球の癌化の最大の要因であることは分かっているのですが、なぜ異常を来たすのか明確にはされていないのが現状です。またウィルスの感染も、リンパ球を癌化させてしまう一つの要因と考えられています。悪性リンパ腫の医療機関での治療は「放射線療法」と「化学療法」が主体となります。放射線療法とはX線の照射により癌細胞を縮小、または微細な癌細胞であれば、完全に死滅させることが可能な治療法です。放射線療法は、化学療法後に再発予防を目的として行われることが殆どです。そして化学療法とは「抗がん剤」の内服、または静脈投与による治療のことです。全身の癌に有効であり、高い効果が期待できる治療法です。