女性特有の更年期障害は治療で完治|辛い症状を全て無くす

看護師

早期発見の難しい臓器

血糖値のコントロールなど大事な役割を持っているのがすい臓です。しかし、他の臓器に隠れるような位置にあるために、すい臓がんになっても気づきにくいという困った面があります。がんの症状も初期にはほとんどないので、少しでも調子が悪いことが続くのならば、早めに精密検査を受けましょう。

医者

リンパ球の癌について

悪性リンパ腫は血液の癌と言われており、しこりとして首や脇の下などに現れます。このしこりをそのまま放置しておくと重篤な症状に至ることもあるため、早期に内科で検査してもらいましょう。悪性リンパ腫の治療には主に2つの治療法があります。

多様な治療法が存在

婦人

自分の症状に合った治療方法を選ぶように工夫することが大切です。適した治療方法であれば、早い段階で効果を実感することができ、症状の改善につながります。 更年期障害の治療方法には、薬物療法、ホルモン補充療法、心理療法があります。薬物療法は、漢方薬を用いられることが多いです。漢方薬はホルモン剤を使用できない人でも服用できます。しかし、副作用が全くないわけではないので、きちんと専門医に相談したうえで使用するようにします。 ホルモン補充療法は、減少したホルモンを少しずつ補充する治療方法です。更年期障害による生殖器の障害や骨粗しょう症などに効果的です。 心理療法は、カウンセリングなどを通して、精神的な症状を和らげる治療方法です。

更年期障害は、男性、女性ともに引き起こす可能性のある病気です。それぞれ男性ホルモン、女性ホルモンが低下することによって起こる病気だからです。 男性の場合は、性欲の減退や消失、射精感の消失、勃起障害などの症状もみられます。男性ホルモンの一種であるテストステロンが低下することが更年期障害の原因のひとつとされています。テストステロンの低下が著しい場合には、テストステロン補充療法をという治療を受けることができますが、前立腺がんや前立腺肥大症などの病気に悪影響を及ぼすおそれがあるため、定期的に検診を受ける必要があります。 一方、女性の場合は卵巣の機能が低下して、月経周期が乱れたり、骨粗鬆症になったりする症状がみられます。

病院

細胞を使用した治療方法

プライマリーセルとはどういった技術なのか、またどのように活用されているのかをお話しています。皮膚の培養や内臓組織の培養などがあり、本人の身体組織でないと拒否反応が出るような移植を行う際に大きな効果を発揮します。